肌のしみの原因を知ってしみケアを徹底して美肌を手に入れましょう。

2009年05月18日

しみに効く美容外科

肌のしみのケアの方法に美容外科の処方があります。


気になる肌のしみの治療には次のような方法があります。

1.レーザー治療
レーザー治療で、痛みもなくきれいに肌のしみを消すことができます。
レーザー治療では、肌のしみの深さや密度、
肌の状態などを正確に診断して 適切な施術を行います。

レーザー治療は、
肌のしみの部分のメラニン色素をもつ細胞だけに
反応するというレーザーの性質を生かした治療法です。
しみがある肌の周囲の組織を傷つけることなく、
色素だけを消すことが可能ということです。
傷あとも痛みもほとんどなく、治療は短時間で終了しますので、
すぐにでもしみをとりたいという方たちに、人気となっています。

費用は、各美容外科によって異なりますが、
1平方センチあたり2万円くらいが平均のようです。


2.フォトセラピー
フォトセラピーは
フラッシュランプ・パルスライト(PL,IPL,SPL)と称される治療法です。
フォトセラピーはしみを除去するというよりも、
しみを薄くする治療法です。
顔全体を 照射し、全体的な色のトーンや肌のつや、
張りを改善する作用があります。

しみがはっきりしている場合はレーザー治療をお勧めします。
しみがお肌全体にひろがっているような感じであるとか、
お肌の色を良くしたという時にはフォトセラピーを用います。


3.医療クリーム
しみの効果がある医療クリームは、
レチノイン酸やビタミンC、皮膚漂白剤(ハイドロキノン)、
こうじ酸などの種類を組み合わせて処方します。
それぞれの状況に応じてその濃度も変更し、
個人の状況に合わせて処方されます。
通常は、2〜3ヶ月の治療で、効果は実感できます。



posted by 肌のしみケアナビゲーター at 18:42| Comment(0) | TrackBack(0) | しみ 美容外科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。