肌のしみの原因を知ってしみケアを徹底して美肌を手に入れましょう。

2009年05月16日

肌のしみの原因

肌のしみができる原因として次の3点があげられます。

1、光老化
光老化とは、
紫外線が原因で皮膚にしみができる症状のことを言います。
紫外線はメラノサイトを活性化させて過剰のメラニン沈着を生じさせ、
しみを発症させると考えられています。


2、皮膚への過剰な刺激
洗い過ぎや擦り過ぎなどの皮膚への過剰な物理的な刺激や、
皮膚への接触性の刺激
(化粧品、香料、防腐剤、洗剤、金属、衣類、食物、植物など)や、
内服薬による固定薬疹などにより、色素沈着が起こり、
皮膚にしみができることがあります。


3、不摂生な生活習慣
不規則な生活習慣がしみの原因となるといわれています。
睡眠不足や食生活の乱れは、血流を停滞させるので、
皮膚の循環を悪くすることになります。
メラニンを作る作用とメラニンを排出するバランスが崩れてしまうので、
メラニンが沈着しやすくなります。

また、不摂生な生活習慣は、
活性酸素も大量に生じさせることになるので、
メラニンの生産を促進し、皮膚の老化を早めます。

また、ストレスや疲労は、
メラノサイトを刺激するホルモンの分泌を増加させるため、
しみの原因となります。

喫煙は、皮膚に対して血流減少、酸素不足、活性酸素生産、
ビタミンCなどの抗酸化物質を消耗させたりするので、
皮膚の老化を早めて、しみの原因になります。


posted by 肌のしみケアナビゲーター at 18:26| Comment(1) | TrackBack(0) | しみ 原因 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。